ライフステージ採用ブログ

株式会社ライフステージの仕事やそこで働く社員を広報担当の私が紹介します

社長が語るこれからの話

こんにちは、ライフステージの広報です。

お盆も終ったからか、今日は久しぶりに涼しいですね。

特に今年はずっと酷暑だったのでなおのこと涼しさが嬉しいです。

 

そんなわけで、今週の更新です!(閲覧ありがとうございます!!)

 

採用ブログの開設記念に、まずは社長にこれからのライフステージの話を

お話していただきました。

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

  ところで、そもそもこれからを語るためには
 「今」どうなのかというのがポイントになると思うんですが、
  その辺りを社長はどう考えているのでしょうか……? 

 

どんなものでも売れる 目指すのはそんな営業のプロフェッショナル

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain


  「まず広報さんはライフステージの営業ってどんな営業だと思う?」

 

 

 

聞きに行って逆にまず質問されてしまいました。

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

  第一にお客様の声を聴くことや、チームワーク営業というのが
  ライフステージの営業の特徴の一つだと思いますが……

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

 「そうだね、
   そして販売している物件の幅広さもライフステージならではかな」

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

  確かに、エリアだけ見ても関西圏をはじめとして、南は九州、
  北は東京までとかなり広いですし、郊外の物件から
  都心のタワーマンションまで物件ごとの特色も様々ですね。

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

  「当然、そうなるとターゲットとなるお客様も変わってくるね。
   『営業力』はそういった幅にどれだけ柔軟性をもって
     対応できるかどうかなんじゃないかな」

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

  なるほど。

  営業として今まで何組ものお客様と接する機会がありましたが、
  どのお客様も同じお客様はいらっしゃらなかったです。

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

  「また、マンションの販売市場は日々変わっていくわけで、
     そうすると当然、お客様のニーズもまた変わっていくもの。
   それをどれだけ敏感に察知し対応できるか、
   今後もずっと問われ続けるだろうね」

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

 「だからこそ、どんなものでも売れるような

 営業のプロフェッショナルになってほしい。
    また、それを育て支えられるような会社でありたいと思っているかな」

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

  もともと扱っている商品自体も不動産という高額なものなので、
  私もよく先輩社員からしっかりした知識の吸収はもちろん、
  お客様のご不安をどれだけ聞いて、

                    それを解消するお手伝いができるかだと指導されました。

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

 

「こうした営業力は
  これからの世界で必要な力なんじゃないかって考えているんだよ」

 

これからもお客様のために 成長し続ける会社として

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

 

  これからの世界で必要な力?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

 「そう。営業力とは、生きる力とも言い換えられる。

  我々は、色んな物件を担当し多種多様な取引先の方やお客様と

  お付き合いすることになる」

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

「その中で新たな壁や課題にぶつかったとき、逃げずに

  今までの経験をもとにどれだけ創意工夫できるか。

  それは何も仕事だけじゃなく将来にも活きてくる力ではないかな」

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

  そういえば、よく『10年後、20年後には無くなる仕事』なんて話題を

  聞くようになりました。
  そうした創意工夫を必要としたり色んなものに対応できるというのは

                    生身の人間だからできる仕事のような気がしますね。

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain

 「会社としては、そうした社員皆さんの力を

  どんどんブランディングして、営業のプロフェッショナル集団として

  成長し続ける企業でありたい」

 

f:id:lifestage1990recruit:20180821111559j:plain  そうしたブランディングはやがて取引先企業や
  ご契約いただくお客様からの『信頼』と『安心』に繋がり、
  満足のいく不動産取引を実現できる。そうした還元がライフステージの企業としての存在価値を高めていくのではないかと僕は思う」

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

 

   ありがとうございました!

 

 

会社のビジョン。

それは、会社によって様々な形をしていると思います。晴れやかで壮大な夢を語る会社もあれば、堅実な夢を語る会社もあるでしょう。

今回私が、寄社長からライフステージのビジョンを聞く中で感じたのは、ライフステージは変わらないために変わり続けるのだ、ということでした。創業からの28年という歴史の中で築いてきたものがあるからこそ、描ける未来。それが、ライフステージのビジョンなのだと思います。

ライフステージというブランドをより強いものにしていくこと。そのために、これからもライフステージは様々な『声』を聴き挑戦し続けます。