ライフステージ採用ブログ

株式会社ライフステージの仕事やそこで働く社員を広報担当の私が紹介します

【社員の声】 ベストを常に探し続ける探求心

こんにちは、ライフステージ広報です。

明日29日・30日は台湾での逆求人イベントに参加してきます。

こちらのブログでも採用イベントでの様子などをレポートできればと思っています。

若干台風が心配ではありますが……。

 

気を取り直して!

 

さて、今まで「営業」としての観点で仕事の話を聞くことが多かったので今回は「チーフ(物件責任者)」(以下、チーフ)という観点でライフステージの仕事の魅力などを聞いていきたいと思います。

販売戦略を打ち立てチーム全体を見渡す役割のことをライフステージでは「チーフ」と呼びます。お話を伺うのは入社15年目のKさんです。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

まずKさんにとって理想とするチーフってどんな人ですか?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「Sさんみたいな営業にストイックなチーフやね」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「チーフを務めながらも、自ら最前線で営業をして数字に拘る姿勢は、ある意味理想のチーフだと思う」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

確かにSさんは社内でもストイックな方だという印象があります。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「でも、それはあくまで理想であって、自分の目指す方向はまた違うかな」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

また違うチーフ……?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「意識していることは『常にチーム全体で営業手法について議論すること』と『営業ツールを使用した営業を行うこと』かな」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

もう少し具体的にお聞かせ頂いてもよろしいですか?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「まず、『チーム全体で同じ質の営業をしたい』という思いがあって、それを実現する為には、トップダウン方式でやり方を指示するのではなくて、スタッフ全員で議論することが大事だと思う。だからこそ、頻繁にミーティングを行って議論をするように意識してる」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

なるほど

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「また、多くの営業マンは営業ツールをあまり使わない印象があるんやけど、それだと営業マンのスキルによって営業の質が変わってくることに繋がるでしょ。それに、根拠を示して説明された場合と、根拠も示さず説明された場合だと、前者の方がお客様に対して説得力のある説明が出来ると思う」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

確かにそうですね。

ただ・・・、他の現場でも営業ツールは作成しているんじゃないですか?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「確かに物件をスタートさせる時点で、どこの現場でも沢山の営業ツールを作成する。ただ、時間が経つに連れて、市況が変化し、ツールの有効性が落ちていくことで、皆ツールを使わなくなっていく傾向があるんじゃないかなぁ。それを高い頻度で更新したりしてる現場はそこまで多くないように思うよ」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

私が過去に居た現場でも、そういう傾向はあったように思います。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「だよね。だからこそ、常にチームで議論して、新しい『今使えるツール』を作成し、チーム全員で使用しながら有効性を確認して、更に内容をブラッシュアップすることを強く意識してるよ」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

なるほど、確かにそれは大事なことに感じますね。

まず全員が同じクオリティのサービス・情報を提供できる環境という前提があってこそ、個性がある営業が成立するのかもしれません。また、ライフステージがとっている『チーム営業』という体制の強みの一つは若手でもベテランでも情報やノウハウを共有しているところにありますもんね。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「そう、『チーム営業』を掲げる当社だからこそ、特に大事なことだと思うよ」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「誤解の無いように付け足すけど、他の現場でもスタッフの営業のレベルや質を高いレベルで統一させようとしていると思うから、今の話は何も特別なことではないと思う。ただ、その点への比重を大きく考えているって程度かな」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

営業もそうですが、チーフをやる上でも色んなアプローチがあるということですね。そういった『自分にできることは何か』という考え方は仕事全体に対してもお持ちなんですか…?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「この現場で自分が出来ることは何かということは常に考えてるよ。でも、自分で考えることの限界も感じてる。だから最近、当社の偉大なる先輩チーフに会って勉強させてもらうようにしてるよ」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

勉強ですか?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「そう。先日もとある現場に伺って、そこのチーフに時間を頂いて色んな議論を交わしたり、その現場で工夫している点や営業ツールなどを教えて貰ったりしてきた。そうやって色んな人の意見を聞いて、自分にできることの幅を広げていけるように意識してるかな」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

15年働いても、まだまだ日々勉強ってことなんですね・・・

 

 

 

ありがとうございました!

営業として楽しい時はどんな時かを聞いた時に『他のモデルルームの営業の方と対応の仕方が全然違う、とお客様から言って頂ける時かなぁ・・・』と答えてくださったKさん。

決して現状に満足せず、もっと良い方法を探求し続けることが常に成長を続ける秘訣なのかもしれません。