ライフステージ採用ブログ

株式会社ライフステージの仕事やそこで働く社員を広報担当の私が紹介します

【社員の声】 学生時代に夢見た「理想の社会人」を目指して

こんにちは、ライフステージ広報です。

今週末に、大きなイベントを控えています。

それは、宅地建物取引士の資格試験です。

年に一度だけの資格試験であり、また我々の仕事にとって、とても重要な試験です。

弊社からも何名か社員が受験します。全員からいい結果が聞けるよう、ひたすら念を飛ばしている広報です。

 

さて、それでは今回も社員インタビューに参りましょう!

今日は広報の後輩にインタビューしてきました!!

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain以前話していた時に『営業』を中心に考えてたって話をしたことがあったと思うんだけど、それは新卒の時から?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「新卒の就活の時から『営業』に絞って考えていました」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

最近だと『営業』を避ける学生さんも多いよね、それはどうして?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「バリバリやりたかったからですかね(笑)」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

おお…

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「あと、仕事ってイメージした時に最初に営業が浮かんで…。たとえば採用人事とか、そういう仕事をするにしても、いきなりなるっていうより、まず営業になって色んな経験をしてからがいいなっていうのがあったので。実際に営業として働いていてもそういうところはイメージ通りだなぁって思いますね」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

学生時代の就活の話が出たので…Nさんのイメージしていた『理想の社会人』ってどんなイメージでした?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「お休みの日も平日の日も毎日楽しくいたいって思ってました。だから、自分でやり甲斐をもって楽しいお仕事がしたかったですね。ですので、就活をしていた当時はイキイキ働いている人が多いベンチャー企業を中心に見てました」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「それで、あるベンチャーの会社に新卒の時は入社したんです。仕事もすごく楽しかったし良い会社だったんですが、やっぱり業務量が多くて。平日はひたすら仕事をして遅くまで残って、休日その分を取り返そうとしてって…そうやって体調も崩しがちになったころ、テレビで自分と変わらないくらいの年齢の人の過労死のニュースを見ました」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

あれは…私も歳が近いのですごく印象に残っていますね。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「私自身がすごくショックだったのもありますが、それ以上に周囲の家族や友人が『これ以上働くともっと身体を壊す』『もうやめてもいいんじゃないか』ってあのニュースをきっかけにすごく心配してくれたんです。それで、大事な人に心配をかけるのもな、って思って転職を決意しました」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「で、辞めてしまったんですけど…まさか自分が早期退職すると思ってなかったんで、自信もなくして。次自分がやっていけるか不安だったんです。でもその頃、無気力に過ごしている自分が嫌いだったので、最初に目指していたようなお仕事も楽しく休日も楽しく過ごしたいなって思って転職活動を始めました」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

少し質問していいかな。どうしても『営業』って厳しいイメージがあるしそういう経緯だともう選ばないでおこうって思う人も多いと思うんだけど、それでも『営業』志望で転職活動を続けたのはどうして?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「目標とかがある方がやりやすいなって。数字の目標がある方が頑張れるって私は思っています。あと、最初に言ったとおり、なりたい社会人像としてまずしっかり『営業』の仕事で一人前になりたいと思ってました。だから営業以外は全然見てなかったですね」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

なるほど…そこはブレない軸だったんだね。じゃあ、そんな中転職活動で特に気を付けていたこととか印象に残ってることはありますか。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「とはいえ、体調を仕事で崩したこともあってしっかり休めるかは意識していました。一社目で働いてみて、改めて自分の生活のことはしっかり考えなきゃなって。そうやって色んな会社の面接を受けるうちに、でも、自分次第で変わるなって思い始めたんです」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

自分次第で変わる?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「もちろん、給与とか待遇とか自分だけでどうこうできないことはしっかり確認しないといけないと思ったんですけど。最近よく言う『ワークライフバランス』ってあるじゃないですか。それって自分次第なんじゃないかなって。あとやり甲斐とかも。それに気付いてからは、自分の目で見て、ここで、この人たちとなら働けるかどうかっていう視点で面接などを受けるようになりました」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

その視点で見ていて、ライフステージなら頑張れそうだなって思ったってこと…?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「面接や社員面談とかでお会いする人がなんていうか、余裕があって。あと、その人たちが休日を充実させているんだなぁって感じました。今実際働いている人たちがそういう休日を過ごしているなら自分もできるだろうと」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「実際ライフステージに入社して1年くらい経って最近はもちろん、全部が理想通りじゃないですけど。でも、仕事と自分の時間とがしっかりメリハリをつけて作れると仕事も頑張れるし…自分の好きなことはなんとかできるって、それができればちゃんと生きていけますね。そのことにこの会社に入って気付けたので、それは嬉しいなぁって思います」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

そんなNさんに質問したいんだけど、学生時代にイメージしていた『理想の社会人』にはなれていると思いますか?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「仕事は楽しいですね。怒られたり、自分ができていないことに凹んだりすることはありますけど…最近、嬉しいなって感じることがよくあって」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

嬉しいこと?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「お客様が嬉しそうな顔を見れることが増えたんです。モデルルームへの見学自体が初めての方だったりすると私たちにとっては普通のことだと思って説明しても『ええ?!そうなん?』みたいに聞いてくださったりするのが嬉しいです」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181009111418p:plain

「Nさんって呼んでくださって頼りにして頂けると嬉しくなります。そう感じることが、最近あって、そういう時に自分も少しは成長してるのかなって実感します」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

ありがとうございました!

 

 

 

就職活動は、人生の中でも大きな出来事だと思います。そこで、色んな思いをしたNさんが今、ライフステージで仕事にやり甲斐を感じながら働いているのは嬉しいな、と感じました。

話の途中もっともっと、お客様に頼られてしっかり成果を出せる営業になりたい、と話していたNさんはとても頼もしかったです。