ライフステージ採用ブログ

株式会社ライフステージの仕事やそこで働く社員を広報担当の私が紹介します

【社員の声】 人と関わる『ライフステージの仕事』

こんにちは、ライフステージの広報です。

ハロウィンが終わった瞬間、街中にクリスマスの宣伝があふれ出すのを見ると

ついつい11月の気持ちを考えてしまいます。

まぁ大きなイベントがないので仕方ないんですけどね…個人的には、ポッキーアンドプリッツの日に頑張っていただきたいです。

それもこれも、クリスマスの宣伝を見ているとなんだか今年がいよいよ終わるような気持ちになるからかもしれません。

 

それはさておき。

 

ライフステージに入社した場合、最初はみんな『新築マンションを販売する』営業からスタートします。

ですが、ライフステージには他にも部署があります。

今回は、そんな部署の一つ『受託推進チーム』にも所属したことがあるKさんに話を伺ってきました!

*1

 

Kさんはマンションを販売する営業から、受託へ、そして今年再び営業に戻り、現在はあるマンションの販売責任者をしています。

そんなこれまでの経験や一度営業を離れたからこそ感じる『新築分譲マンションを販売する』営業の面白さについて聞いていきたいと思います。

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

営業ってお仕事をまずどう思うかって話からお聞きしたいです。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「正直自分は、誰とも喋らずに黙々と物づくりとか研究するのとかが本来性には合ってて、営業とか絶対合わないと思う(笑)」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「入社して数年は、なんとなくうまくいってるなって思ってたんだけど、ある時、営業として上手くいかなくなって」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

…言葉を選ばずにお聞きしてしまうんですが、それってすごくしんどい経験ですよね。

うまくいってるなって思ってたことがそうじゃなくなるってやっぱり…

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「しんどかった(笑)でも、そんな経験もしながら受託に異動してそれが良かったかな、と思ってる」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

と、いうと…?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「受託で広いエリア…関西圏全域の状況とか、名古屋とか東京とかを見ることができて。ああ、こういう売り方もあるんや、こんなマンションのニーズがあるんや、って。それは今やってる営業に活きてるような気がする」

 

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

俯瞰してこのマンション営業という仕事を見るきっかけになった、ということでしょうか。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「そうやね。ライフステージの仕事の面白さってそういうところにもあると思う」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

面白さですか?

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「九州~関西、名古屋、東京と色々な場所の物件を販売させてもらってる中で、色んな会社の人と関われるし…事業主の方だったり、施工する会社の担当の方とか、広告代理店の担当の方とか。そういう色々な人と関われるのは楽しいなって。一つの仕事を進めていくときに各社色んな視点で入っていく、色んな視点があるからこそ仕事がどんどん広がっていのかなと思う」

 

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

確かに、色々な方と関われるお仕事は視点も広がっていくので自分ひとりじゃ気付けないことやできないことが実現できる面白さがありますね。

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

営業が向いていないってお話を先ほどされていましたが、そんなKさんにとってこの仕事のやり甲斐ってどんなところでしょうか。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「月並みな表現にはなるけど…一般の方に何千万円っていう商品を購入していただく仕事はやっぱりすごいと思う。もっと億単位の営業って他の仕事でたくさんあるんだろうけど、個人相手では一番高額な商品を扱っているって言う点には責任も感じるし、プレッシャーもある中で、その先に『達成感』があるのかなと思う」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

対個人っていうところは本当に大きいですよね。

では最後に。これからのKさんの目標を教えて頂けますか。

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20181003115324p:plain

「指名で仕事がくるくらいの人になりたいかな。難しい仕事だってなったときに、Kさんやってって言われるような。求められてる『こなすべきこと』はしっかりクリアしながら、そこからどれだけ仕事ができるかかな」

 

 

 

 

f:id:lifestage1990recruit:20180806120836j:plain

ありがとうございました!

 

 

 

目標についてお話し頂く中で「指名で仕事がくるような」と表現されていたのが印象的でした。

『あなただからこそ』といわれるような仕事。

それは、色んな人と協力しながら行っていくライフステージの仕事だからこそ、自身の役割をしっかり果たすこと、そして大きな商品を扱う仕事だからこそ、責任と誇りをもつ必要があるのかもしれません。

ライフステージの営業の仕事はまさしくそんな仕事なのだ、と改めて思いました。

 

*1:受託推進チームとは:その名の通り、デベロッパーさんから販売するマンションを任されるために提案営業するチームです